【JUVENIL】☆優勝☆JFA 第8回全日本U-18フットサル選手権大会 東京都大会NEWS

2021/06/24更新

【JUVENIL】☆優勝☆JFA 第8回全日本U-18フットサル選手権大会 東京都大会の画像

2021年6月20日(日)、第8回全日本U-18フットサル大会選手権大会 東京都大会が行われ

ZOTT WASEDA JUVENILは大会初優勝を飾り、初の関東大会進出を決めました。

 

 

10月20日(日)

第8回全日本U-18フットサル大会選手権大会 東京都大会

@小金井市総合体育館(リモートマッチ)

 

■準々決勝
vs 錦城高校
4-3(3-1、1-2)

 

■準決勝
vs FOOTBOZE FUTSAL U-18
3-2(1-2、2-0)

 

ゴレイロ重山(NO.30)が相手CKをキャッチ。

その後のトランジションから髙木(NO.28)のゴールで幸先よく先制!

しかし、その後の守備トラブルから前半のうちに2失点を喫し逆転を許す。

引いた相手に攻めあぐねる展開が続く。

終盤にパワープレーから同点弾。

残り3秒。鴫原(NO.10)の自陣からのKIを大澤(NO.27)が豪快ボレーで劇的勝利!

 

決勝進出を決めるとともに、初の関東大会出場を決めた。

 

■決勝
vs フウガドールすみだファルコンズ
3-2(2-1、1-1)

 

開始30秒で鴫原(NO.10)が負傷し、予想外の展開に。

相手PIVOの豪快なゴールで先制を許す。

大澤(NO.27)が前線でのボール奪取から抜け出し、

それに反応した中田(NO.11)がセグンドで合わせて早々に同点。

 

一進一退の展開が続いていたが、、、、

 

大澤(NO.27)が相手のパスミスを奪い、独特なリズムで相手をかわし

倒れ込みながら左足のトゥーキック。

放たれたボールはゴール左上に突き刺さり、逆転!

準決勝に続き、スーパーゴールでチームを救う。

 

後半なかばから相手がパワープレーを開始。

鶴田(NO.9)がパワープレー返しを決め、リードを2点差に。

 

終盤には大澤(NO.27)、二瓶(NO.35)同時に負傷するアクシデント。

直度のCKから1失点するが、最後は重山(NO.30)がキャッチしたボールを前線に放った時点で試合終了。

 

満身創痍の状況のなか初優勝を飾った。 

 

喜びもつかの間、関東大会は6月27日に行われます。

※無観客開催のため、会場非公開


上位3チームが全国大会(京都府)に進出となります。

 

引き続き、応援よろしくお願いします!

 

2021U18 (1).JPG

準々決勝前ウォーミングアップ

 

2021U18 (3).JPG

準決勝FOOTBOZE戦 開始前

 大澤(NO.27)の土壇場の逆転ボレー弾!

2021U18 (2).jpg

決勝 フウガドールすみだファルコンズ戦前 一丸!

 

2021U18 (6).JPG

試合開始前円陣

 

2021U18 (5).JPG

試合を重ねるごとにベンチ力もアップ! 

大澤(NO.27)のクラブレジェンド松田啓佑を彷彿とさせるスーパーゴール!

 

2021U18 (7).JPG

2021U18 (8).JPG

スペインから一時帰国中の大澤雅士と

昨季、大会中止により出場すら叶わなかった現TOPチームGKの柳川結星の

最強タッグが全力サポート! 

 

2021U18 (4).jpg

ささやなか表彰式

 

2021U18 (9).JPG