SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第1節試合結果NEWS

2018/05/13更新

5/4(金)に行われた試合結果をお伝えします。
 
SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第1節
5/4(金) 17:30 kickoff
@武蔵村山市総合体育館
ZOTT WASEDA RAIZ vs FC DOGA
 0-2 (0-1,0-1)

得点者:なし

 

=============================
【登録メンバー】
no.1 竹山、no.2 重村、no.4 藤宮、no.5 内田、no.6 安岡、
no.7 片山、no.8 宮原、no.9 金子、no.11 小林、no.12 菊池
no.14 井口、no.16 元木、no.17 中野、no.18 木村
=============================

関東参入戦の結果により、都2部への降格を余儀なくされたRAIZ。
昨シーズンの自分たちの結果を受け止め、都1部への1年での目指す。
ZOTTのユースカテゴリーからの昇格選手を中心に、半分近くメンバーが入れ替わった新生RAIZ。

開幕戦の相手は、元RAIZメンバーも所属するFC DOGA。
相手ベンチには、昨年までRAIZに所属していた宮崎の姿もあった。

GKはno.18 木村、FPはno.4 藤宮、no.5 内田、no.11 小林、no.17 中野でスタート。

DOGAのキックオフ。
前へ前へと走ってシュートを放つDOGAに対して、
ボールを回しながらも相手陣内の深くまでなかなか侵入できないRAIZ。

RAIZが2ndセットに入れ替わって早々、試合が動いた。
高い位置からの相手のキックイン、ゴール前に放り込まれた浮き球をヘディングで叩き込まれてしまった。
素早いリスタートに対応できず、先制を許してしまったRAIZ。
その後はDOGAと一進一退の攻防を繰り返し、前半を終えた。

後半に入り、点を取るためにシュートの数を増やしたいRAIZは、
前半よりも攻勢に出るが相手GKの好セーブもあり得点には繋がらない。

後半も中盤に差し掛かる頃、またも試合を動かしたのはDOGA。
相手のシュートをno.18 木村が弾いたところを詰められ失点。

前半の失点以降、no.18 木村を中心に身体を張ってゴールを守ってきたRAIZだが、
15分ハーフであることを考えると難しい時間帯で失点を重ねてしまった。

完全に吹っ切れたRAIZは猛攻を仕掛けるも、チャンスのFKでも枠を捉えきれず無得点のままタイムアップ。

都3部を優勝し、2部へ駆け上がってきたDOGAの勢いを止められず、敗戦となった。

========================
第2節は6/2(土) @八王子市富士森体育館
14:40 Kick Off  vs Revolution Futsal Club
========================
となります。(東京都フットサル連盟HPより引用しております。)
 
初勝利を目指し、一丸となって試合に臨みます。
引き続き、熱いご声援宜しくお願い致します!
 
一丸!

RAIZ広報部より