【RAIZ】SuperSportsXEBIO東京都フットサル1部リーグ2017 第2節試合結果NEWS

2017/04/24更新

土曜日に行われた試合結果をお伝えします。

SuperSports XEBIO 東京都フットサル1部リーグ2017 第2節
4/22 15:40 kickoff @八王子市富士森体育館
蹴球狂の詩 vs ZOTT WASEDA RAIZ
4-2(4-1,0-1)
得点者:no.4 浅妻、no.15 肥沼

【登録メンバー】
no.2 重村、no.3 我部、no.4 浅妻、no.5 佐藤
no.7 片山、no.8 尾方、no.9 金子、no.10 伊藤
no.11 小林、no.13 恒藤、no.14 井口、no.15 肥沼
no.1 宮崎、no.18 木村


今節の相手は蹴球狂。
no.6 伊藤、no.17 中野を欠き、若手中心で臨んだ。
なお、前節に引き続き丸山と持木もベンチ入り。

スタートは
no.1 宮崎とno.8 尾方、no.9 金子、no.10 伊藤、そしてno.5 佐藤の5人。
ほぼぶっつけ本番の組み合わせとなるが、
これが化学反応を起こしていく。
積極的な前線からのプレスが功を奏し、完全にペースを握る。

2ndセットは、no.4 浅妻、no.13 恒藤、no.11 小林、no.15 肥沼の4人。
こちらのセットでは個々の特徴を活かしながら攻め込んでいく。

徐々に蹴球狂も盛り返して五分五分の展開になりつつある中、遂に均衡が破れる。
前説でも好調だった2ndセット、
no.7 片山が敵陣左サイドをドリブル突破。
中央への折り返しがこぼれたところを詰めたのはno.4 浅妻。

昨シーズンに加入した浅妻の初ゴールでRAIZが先制。

守ってもno.7 片山が身体を張って相手の決定的なチャンスを防ぐなど、
先制点をとったことにより攻守にわたりアグレッシブになるRAIZ。
追加点のチャンスを得るもno.10 伊藤がモノにすることが出来ず、
それでも前半は1-0のリードを得て折り返す。

後半、蹴球狂のプレスが高い位置からスタートされ、自陣に押し込まれる時間が続く。
相手のピヴォをめがけた長いボールにも苦しめられ、なかなか押し返すには至らない。

少し無理に出ていったところを奪われ蹴球狂のカウンターを受ける。3vs2の数的不利の場面から
最後は決められてしまい、あっという間に同点とされてしまう。

同点ゴールで拍車をかける蹴球狂。
またもボール奪取からカウンターを発動。あっさりと逆転を許してしまう。

まずは同点に持ち込みたいRAIZ。反撃を開始するも、あと一歩決め手を欠く。
攻めていく中で得た右CK。これをカットされまたもカウンター。
カウンターを三度決められ点差が2点と開いてしまう。

もう一段階アクセルを上げたいRAIZ。
No.15 肥沼を中心に攻めていくものの徐々に攻め手を欠いていってしまう。

しかししたたかな蹴球狂。
ここでもボールを奪いカウンター。
最初のシュートは防ぐものの、こぼれ球を押し込まれ4-1。

2週間前を思い出そう、と円陣を組んで試合再開。
リスクを負って必死のオフェンスを繰り広げる。
そんな中前節も点をとったno.15 肥沼にゴールが生まれ4-2。

捨て身の攻撃で2週間前の再現を目指すもタイムアップ。

4-2で敗戦を喫しました。

====================
次節は5/6 (土)@武蔵村山市総合体育館
12:00 Kick Off vs フウガドールすみだバッファローズ
====================
となります。

連敗を断ち切り初勝利目指して一丸となって頑張りますので、
引き続き宜しくお願い致します!