加藤貴行 スーパーファンタジスタアドバイザー就任のお知らせNEWS

2020/03/03更新

加藤貴行 スーパーファンタジスタアドバイザー就任のお知らせの画像

この度、今シーズンTOPチームでプレーをした加藤貴行が

来期はスーパーファンタジスタアドバイザー(SFA)に就任することになりましたのでお知らせ致します。

 

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

2019年 5月23日


『貴行!開幕戦にピッチに立つ選手があまりにも少ない。本気で助けて欲しい』

 

選手として、引退を考えていた時に清野代表(潤さん)から一本の電話が…

 

ポジティブ人間の潤さんから出会って10年以上?になりますが、

お願いなんてされたのは初めてだったという事もあったし、

フットサルの集大成でZOTT WASEDAに移籍をさせてもらって最高の想いをさせてもらったのは、

ZOTT WASEDAの選手達はもちろん、潤さんのお陰だったのは間違い無かったので…

選手としてもう一度頑張る事を決めました。

 

潤さんを助けよう。

 

そんな想いでファンタジスタアドバイザーと言う…ちょっとお茶目な役職に就任させてもらいました。

+選手として頑張ろうと決めた理由は…

ずっと年上だと思っていた渡邉博之(同級生)がもう1年だけ頑張る!と選手を続けたこと。

タカさん辞めないで欲しい。とシーズン序盤には毎日のようにLINEをしてきた可愛い一面もある雪島洋樹。

何も考えて無さそうで、実は一番色々な部分で気を使っている、今後のZOTT WASEDAを背負ってくであろう本郷輝。

世界の大澤雅士になったのにも関わらず、『タカさんは超えられません!』と謙虚すぎるスーパースター大澤雅士。

スーパー問題児。けどこいつは何か持っている藤井一真。

特にエピソードはございません。石塚鉄也。

2018-2019シーズンを一緒に戦った選手にも何かしらで恩返しをしたいという気持ちもありました。

 

終わってみれば、関東リーグ準優勝。地域チャンピオンズリーグ3位。

降格争い確実と言われていたチームが…最高のシーズンになったと個人的には思っています。

もちろん今季からTOP登録となったZOTT WASEDA育成メンバー、個性強めのセレクション組。

潤さんほどではありませんが、1つのチームにする為に今季TOP登録選手1人1人の個性を殺さないように

1人1人丁寧にいじれた事も、良い成績を残せた理由かなと思っています。

※地域チャンピオンズリーグの最後の控室では泣いてません。本郷輝、宮原尚大は自分の話で号泣していました。

 

下手くそ集団(加藤貴行、大澤雅士を除く)をまとめあげた清野潤に敬意を払いつつも、

2020-2021はスーパーファンタジスタアドバイザー(SFA)に就任させて頂きます。

今季TOP登録になる1年目の選手にはめちゃくちゃ厳しく、めちゃくちゃ優しく接していきたいと思いますので、

スーパーファンタジスタアドバイザー加藤には必ず敬語を使うようにお願いします。

 

ZOTT WASEDAで最高のフットサル人生を送りたい!そんなアツい選手を育てていければと思っています。

下部組織のドリブラーにもアドバイスをしていきたいと思っていますので、

アドバイスを聞きたい方は手土産のご用意も宜しくお願いします。

最後となりましたが…ZOTT WASEDA最高!