No.16 清野 潤選手 現役引退のお知らせNEWS

2019/12/22更新

No.16 清野 潤選手 現役引退のお知らせの画像

この度2019年度シーズンを持ちまして
No.16 清野 潤選手が現役を引退することとなりましたので、

ご報告させていただきます。

 

次節(12/28土曜)が関東リーグにおいて最後のプレーとなる予定です。

皆さま、ZOTT魂を体現する男の雄姿をご覧にご参集ください!!!!!!

 

■清野 潤 関東リーグ最終試合■
2019年12月28日(土)  

15:00~ vs 湘南ベルマーレFCロンドリーナ

@駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

以下、清野選手からの引退コメントです。

----------------------------------------------------------------------

今シーズンで現役を引退してクラブ代表業と監督業に専念することになりました。

 

クラブ創設20年目のシーズンだった今年は

今までの19年間と同じく選手兼監督でやらせてもらうと宣言してましたが

3月の全日本選手権の名古屋オーシャンズ戦の後

クラブを支え続けてくれた多くの選手が勇退しTOPチームが大きく生まれ変わることになったため

僕自身がプレーできるメンタル状況ではなくなってしまっていました。

それよりもゼロから作り上げてきたこのクラブを守りたい一心で

チームのマネジメント面で自分自身の持てるエネルギーすべてを注いできました。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが責任感ではなく使命感に近いものがあったなと思います。

その結果、残ってくれたベテランと大きく成長してくれた若手が融合し

関東リーグ優勝こそは逃したものの最終節を待たずして2位を確定させ

2015‐16シーズン以来の地域チャンピオンズリーグの出場権を獲得することができました。

5度目の地域CLですが今までの出場とはまた違う嬉しさを感じてます。

 

 

シーズン途中で結果が伴い始めてからは自分の中でのケジメとして

最後にプレーしたいなと言う気持ちがようやく出てくるようになり

選手達にワガママ言って11月からチーム練習に参加し始めてました。

8カ月のブランクがあったのでまだまだ取り戻せてはいませんが…

関東リーグ最終戦となる12月28日駒沢開催のロンドリーナ戦に

選手として出場させてもらうことになりました。

この舞台を整えてくれた今年の選手たちに本当に感謝したいと思います。

引退なんてカッコいいことを言えるようなレベルの選手ではありませんが

最後となる関東リーグの試合を自分らしく気持ち出して戦いたいと思います。

 

 

勝っても負けてもいつも応援し続けてくれた親や兄弟

今までZOTT WASEDAに関わってくれた選手、STAFF、ジュニアチームのみんな

どんな時も理解してくれてフットサルを優先させてくれた会社の仲間たち

ブラジルやスペインにフットサル留学して出会えたたくさんの仲間たち

20年間で数えきれないほど対戦してきたチームや相手選手

フットサル環境を整えてくださっている連盟や審判の方々

本当に本当にありがとうございました。

最初から最後までヘタクソの代表みたいな選手でしたが

最高に楽しく幸せなフットサル選手生活でした。

 

21年目のシーズンからはまた違った立場で

ZOTT WASEDAにそして日本フットサル界に関わっていき

少しでも貢献できるようにがんばりたいと思います。

 

20年間本当にありがとうございました。

 

           ZOTT WASEDA NO.16 清野 潤