SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第12節試合結果NEWS

2019/02/01更新

1/14(月)に行われた試合結果をお伝えします。
 
SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第12節
1/14(月) 17:15 kickoff
@小金井総合体育館
ZOTT WASEDA RAIZ vs Setagaya Futsal Club
 2-3 (1-1,1-2)

得点者:
no.9 金子 ×2
 
=============================
【登録メンバー】
no.1 竹山、no.2 重村、no.4 藤宮、no.5 内田、no.6 安岡
no.7 片山、no.8 宮原、no.9 金子、no.10 石黒、no.11 小林
no.13 村山、no.14 井口、no.17 中野、no.21 三宅
=============================

前節から1日空けて迎えた12節の相手はSetagaya Futsal Club。
昨季はお互いに都1部で闘っていたチーム同士だが、今季も再び残留を争う闘いとなった。

no.18 木村が欠場となり、GKはno.1 竹山が先発。
FPはno.5 内田、no.8 宮原、no.9 金子、no.13 村山でスタート。

パス回しとシンプルなロングボールを使い分けるSetagayaに対して、
RAIZは前からプレスを掛けていく。

しかし、チャンスをなかなか決めきれないでいると、
前半5分に2ndセットがプレス回避から上手くボールを展開されて失点。

嫌な流れで失点したRAIZだが、交代で入った1stセットのno.13 村山が左サイドを突破し、ゴール前で待っていたno.9 金子が押し込んで同点に。あっという間に試合を振り出しに戻した。

両者一進一退の攻防を繰り広げながら、スコアは動かずに前半は終了。

後半開始早々、後ろから抜け出したno.8 宮原が前で相手を背負って反転。ゴール前にボールを蹴り込むと、逆サイドで待っていたno.9 金子が押し込んで逆転。ベンチも一気に盛り上がる。

相手の攻撃にしっかり対処し、ディフェンスから追加点のチャンスを狙い続けるRAIZだが、後半15分に相手のキックインからのシュートが決まり同点にされてしまう。

降格圏脱出のためには勝ち点3が必須なRAIZは猛攻を仕掛けるも追加点が奪えない。
残り5秒でラストチャンスとなるであろう直接FKを獲得。
動きを確認しシュートまで持ち込んだが、
大きくクリアされたボールは後ろのスペースをカバーしていたno.1 竹山の伸ばした手の上を越えてゴールに吸い込まれてしまった。

残り1秒、スコアは2-3。
再開のキックオフと共に試合終了のホイッスルが鳴った。

この結果にて、RAIZは降格圏内が確定。
参入戦の結果次第では残留のあり得る11位を守る闘いを最終節に迎えることとなった。

========================
第13節は2/9(土) @葛飾区奥戸総合スポーツセンター(葛飾区水元総合スポーツセンターから変更)
15:55 Kick Off  vs  BANFF TOKYO
========================
となります。(東京都フットサル連盟HPより引用しております。)

引き続き、熱いご声援宜しくお願い致します!
 
一丸!

RAIZ広報部より