SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第11節試合結果NEWS

2019/01/14更新

1/12(土)に行われた試合結果をお伝えします。
 
SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第11節
1/12(土) 13:05 kickoff
@駒沢屋内体育館
ZOTT WASEDA RAIZ vs 十条フットサルクラブ
 2-2 (1-1,1-1)

得点者:
no.13 村山、no.21 三宅
 
=============================
【登録メンバー】
no.1 竹山、no.2 重村、no.4 藤宮、no.6 安岡、no.7 片山、
no.8 宮原、no.9 金子、no.10 石黒、no.11 小林、no.13 村山
no.14 井口、no.17 中野、no.18 木村、no.21 三宅
=============================

前節で今季リーグ戦初勝利を挙げたRAIZ。
今節はRAIZと共に残留争いを繰り広げる十条フットサルクラブ。
最終順位で勝ち点が並んだ場合には直接対決の結果が優先されるため、
互いの勝ち点以上のものを奪い合う闘いとなる。

no.5 内田を出場停止で欠くRAIZ。
GKはno.18 木村、FPはno.4 藤宮、no.9 金子、no.13 村山、no.17 中野でスタート。

キックオフからプレスをかけるRAIZと、ハーフまで引いて守備を固める十条。
試合開始早々、ゴール前で直接FKを与えるとそれを決められて十条に先制されてしまう。

立ち上がりで失点したものの、すぐさま右サイドでのキックインからno.13 村山が
強烈なシュートを叩き込み同点に追いつく。

引いた相手に押し込みながらもなかなかいい形までシュートに持ち込めないRAIZだが。
ディフェンスでは十条の執拗なピヴォ当てに対してしっかり身体を張って守り続ける。

要所で迎えるピンチもno.18 木村がファインセーブでストップし、
スコアは動かないまま前半を折り返した。

後半になっても互いにゴールに迫りながらもなかなかスコアは動かない。
しかし試合も残り5分となった頃、カットインで切り込んだno.8 宮原から
no.21 三宅と繋ぎ、振り抜いたシュートがゴールネットを揺らして逆転。

後がない十条の攻撃の勢いは増していくが、身体を投げ出してゴールを守るRAIZ。
このまま試合が終わるかと思ると思いきや、残り1分半で十条のCKから失点。
試合終了のホイッスルまで再度逆転を狙うものの、攻撃は実らずにアイムアップ。

悔しい引き分けとなったが、
2連勝での自力残留の可能性を残して次節を迎える。

========================
第12節は1/14(月) @小金井総合体育館
17:15 Kick Off  vs  Setagaya Futsal Club
========================
となります。(東京都フットサル連盟HPより引用しております。)

引き続き、熱いご声援宜しくお願い致します!
 
一丸!

RAIZ広報部より