SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第7節試合結果NEWS

2018/11/02更新

10/27(土)に行われた試合結果をお伝えします。
 
SuperSports XEBIO 東京都フットサル2部リーグ2018 第7節
10/27(土) 11:50 kickoff
@エスフォルタアリーナ八王子Bピッチ
ZOTT WASEDA RAIZ vs 闘魂
 1-2 (0-0,1-2)

得点者:
no.11 小林
 
=============================
【登録メンバー】
no.1 竹山、no.2 重村、no.4 藤宮、no.5 内田、no.6 安岡、
no.7 片山、no.8 宮原、no.9 金子、no.10 石黒、no.11 小林
no.14 井口、no.15 吉野、no.17 中野、no.18 木村
=============================

泥沼の5連敗と評されてしまったRAIZの今節の相手は往年の名選手が揃う闘魂。
降格圏脱出の糸口を、この試合でつかみ取れるか。。

選手権と同じメンバー、同じセット組みで挑むRAIZ。
GKはno.1 竹山、FPはno.4 藤宮、no.9 金子、no.15 吉野、no.17 中野でスタート。

闘魂のキックオフで試合開始。まず先に仕掛けたのは闘魂。
左サイドでのピヴォ当てからの反転シュートを放つが、no.1 竹山がきっちりストップ。

闘魂の執拗なピヴォ当てと勝負どころのランニングに対して、
RAIZはno.1 竹山を中心に身体を張った守備を見せる。

しかし、攻撃面では引いて守る相手をなかなか崩せず、
時折放つシュートも相手GKに阻まれてしまう。

スコアは動かないまま時間が経過し、前半終了。

後半はGKをno.18 木村に交代。
不完全燃焼となった前半から気持ちを入れ直し、後半に臨むRAIZ。

後半早々から互いにカウンターでチャンスを作るも、
両GKの好セーブによってゴールネットは揺れず。

後半もこのまま膠着する時間が続くかと思ったが、後半6分にスコアが動く。
RAIZが自陣中央でボールを奪いカウンターを開始するが、
相手のスライディングを受けてこぼれたボールを拾われてしまう。
必死に戻り守ろうとするも、相手に冷静に決められ失点。

先制を許したRAIZはその後何度も闘魂ゴールに迫るが、ポストとGKに阻まれ得点できず。
逆にタイムアウト明けの後半11分、カウンターから飛び出した相手のシュートを一度はno.18 木村が弾くものの、
弾いたボールを押し込まれてしまい失点を重ねてしまった。

時間的にも追い込まれているRAIZは後半12分に右キックインの駆け引きからno.11 小林が1点を返すものの、
追撃は続かず試合終了。

開幕6連敗という苦しい状況だが、今週末は選手権、来週末はリーグ戦と試合が続く。
下を向かずに闘い、リーグの残り5試合での巻き返しを目指す。

========================
第8節は11/10(土) @八王子市富士森体育館
14:40 Kick Off  vs  CINtarooooo
========================
となります。(東京都フットサル連盟HPより引用しております。)

引き続き、熱いご声援宜しくお願い致します!
 
一丸!

RAIZ広報部より