【RAIZ】SuperSports XEBIO 東京都フットサル1部リーグ2017 第14節試合結果NEWS

2018/01/08更新

土曜日に行われた試合結果をお伝えします。

 

SuperSports XEBIO 東京都フットサル1部リーグ2017 第14節

1/6(土) 10:20 kickoff

@駒沢体育館

NEO vs ZOTT WASEDA RAIZ

4-4 (1-3,3-1)  

 

得点者:

no.11 小林②、no.5 佐藤、no.13 恒藤

 

================================ 

【登録メンバー】

no.2 重村、no.5 佐藤、no.6 伊藤(琢)、no.7 片山

no.8 尾方、no.9 金子、no.10 伊藤(圭)、no.11 小林

no.13 恒藤、no.15 肥沼、no.17 中野、no.19 吉田谷

no.1 宮崎、no.18 木村 

================================

 

最終節の相手はNEO。

RAIZは残留のためにも是が非でも勝利がほしいところ。

また、NEOも優勝のためには勝利は絶対条件。

 

今節はno.1 宮崎が復帰しベンチ入り。no.4 浅妻、no.12 菊池は欠場となった。

 

スタートのGKは no.18 木村。

FPはno.9 金子、no.10 伊藤、no.11 小林、そしてno.13 恒藤でスタート。

 

 

NEOボールのキックオフで運命の一戦がキックオフ。

 

互いに緊張感から堅い入りを見せる両チーム。

RAIZは前線からのプレスでリズムを作るも、NEOは効果的なPIVO当てを駆使してプレスを回避していく。

 

プレスをくぐり抜けて、何度かNEOに決定機を許すもno.18 木村が身体を張って先制点を許さない。

 

NEOに流れが傾きつつある中、RAIZが待望の先制点をゲット。

左サイド高い位置でのキックイン。

no.11 小林がチョンドンで左足を振りぬくとそれが決まりゴール。

 

勢いづくRAIZベンチとスタンド。

さらに15分にはFKをまたもno.11 小林が直接決めスコアを2-0とする。

だが、NEOも意地を見せ、1分後に警戒していたno.3 武藤にターンからシュートを決められてしまい

1点差とされる。

 

RAIZは追加点を狙いカウンターを中心に攻めるも精度をかいてしまう。

だが、前半のこり12秒待望の追加点をもぎ取る。

NEOの攻撃を防ぎ、カウンターを発動。No.6 伊藤(琢)のアシストからno.5 佐藤がゴールへ流し込み3点目。

3-1と2点リードで前半を折り返す。

 

ハーフタイムに約束事を確認し、後半立ち上がりも集中した入りを見せるRAIZ。

最初の決定機はno.13恒藤。ゴール前に高く上がったボールにジャンプ一番、

上からボールを叩くもクロスバーを直撃。決定機を逸してしまう。

 

すると、逆にNEOがRAIZゴールを攻め立て反撃の狼煙を上げるゴールを奪取。

1点差とされ、気まずい空気が漂い始める。

さらに27分、ドリブルをカットされるとそのままNEO no.3 武藤にこの試合2点目を決められ同点。

NEOの勢いを止まらず、29分にはミドルシュートを決められ2点差をひっくり返されてしまう。

 

しかし、あきらめないRAIZ。

ここからさらに一段ギアをあげてNEOゴールに迫る。

33分、右サイドからのRAIZキックイン。

no.6 伊藤(琢)がゴール前にボールを入れると滑り込みながら合わせたのはno.13 恒藤。

ノッている若きエースの一撃で同点に追いつく。

 

勝ち越したい両チーム、攻撃のスピードが速まりゴール前でのシーンが増えるも、あと一歩決め手を欠いてしまう。

終了間際、カウンターからRAIZはチャンスを迎えるも相手GKに防がれゴールならずタイムアップ。

4-4で試合終了、両者に痛み分けの結果となってしまった。

 

 

この結果を受け、2017-2018シーズンは12チーム中10位で終了となりました。

関東リーグ参入戦の結果をもって、1部残留か2部降格が決まります。

 

今シーズンは苦しい試合が続きましたが、

それでも多くのご声援、本当にありがとうございました。

 

公式戦は今節を持って終了となります。

現時点では来シーズンのカテゴリーは決まっておりませんが、

引き続きRAIZへのご声援、何卒宜しくお願い致します。

 

 

RAIZ広報部より