【RAIZ】SuperSportsXEBIO東京都フットサル1部リーグ2017 第9節試合結果NEWS

2017/08/21更新

 

昨日行われた試合結果をお伝えします。

 

SuperSports XEBIO 東京都フットサル1部リーグ2017 

第9節 8/20(日) 13:55 kickoff @小金井市総合体育館

情熱ロンリネス vs ZOTT WASEDA RAIZ

4-1(2-1,2-0)

得点者:no.11 小林

 

【登録メンバー】 no.2 重村、no.4 浅妻、no.5 佐藤、no.7 片山

no.9 金子、no.10 伊藤、no.11 小林、no.12 菊池

no.13 恒藤、no.15 肥沼、no.17 中野、no.19 吉田谷 no.1 宮崎、no.20 吉崎  

 

今節の相手は首位、情熱ロンリネス。

RAIZは前節の勝利で息を吹き返し、心身充実させて今節に臨む。

なお、前節の退場処分によりGK no.18 木村は今節は出場停止。

 

スタートは以下の5名。 怪我明けのno.1 宮崎。

No.10 伊藤、no.11 小林、no.17 中野、そしてno.12 菊池を抜擢。

前節の勢いをそのままに情熱を迎え撃つ。

 

キックオフから両チームプレスをかけあう激しい展開。

厳しいボディコンタクトも増え、試合序盤にも関わらずファールカウントが積まれていく。

 

そんな展開の中で、早速試合が動く。

左サイドをno.11 小林が左サイドを突破し、左足でシュート。

これが情熱の守るネットを揺らし、先制点を奪取。

4試合連続で先制点をもぎ取る最高の展開。

 

その後も前線からのプレスからリズムを掴み、RAIZペースで試合を進めていく。

 

しかし、さすがは首位のチーム。失点にも動じず、no.55 土屋を中心としたボール回しから

反撃の機会を伺う。

 

攻める情熱、守るRAIZの構図。

この展開が続くなかで、次のゴールが生まれる。

 

貴重なゴールを手にしたのは情熱。

No.11 平子がゴール前のこぼれ球を押し込み、試合をタイスコアに戻す。

 

RAIZは気落ちする姿を見せず、勝ち越しゴールを狙っていく。

好機を何度か迎えるものの、シュートを枠外に外してしまい、ゴールを奪えない。

 

攻めつ守りつ、といった展開を打開したのはまたも情熱。

RAIZ右サイドからのキックイン。

所謂“チョンドン”で放たれたシュートがスライディングしたno.11 小林、no.10 伊藤にあたりゴール。

遂に勝ち越しを許してしまう。

 

前半のうちに同点ゴールを狙うもタイムアップ。

1点ビハインドで前半を折り返す。

 

後半は、少しメンバーも入れ替えながら、圧力を高めていく。

情熱のプレスもより強くなっていくなかで、ロングボールを多用しながら情熱ゴールに攻めこむも

no. 13 恒藤が迎えた決定機も枠外。絶好のチャンスを逸してしまう。

 

その後、攻め込んだところにカウンターを受け失点。

絶対に与えてはならない3失点目を献上してしまう。

 

更に、セットプレーから4点目を被弾。

たまらずタイムアウトを取り、なんとか立て直す。

 

10分以上残されており、まずは1点ずつ差を詰めたいRAIZ。

そこを逆手にカウンターでトドメを刺しにくる情熱。

 

お互いのディフェンスが身体を張り、得点を許さない。

結局これ以上スコアは動かず、4-1で完敗となりました。

 

===========================

次節は第10節、9/2(土)@葛飾区水元総合スポーツセンター

18:00 Kick Off  vs 不動前

===========================

となります。

 

真夏の4連戦と銘打って臨んだ最終戦、何とか結果を残せるように頑張ります!

引き続き、熱いご声援宜しくお願い致します!

 

一丸!!

RAIZ広報部より。