Super Sports XEBIO 関東フットサルリーグ2017 1部 第8節の結果NEWS

2017/08/07更新

Super Sports XEBIO 関東フットサルリーグ2017 1部 第8節の結果の画像
ZOTT WASEDA vs ブラックショーツ
ZOTT早稲田得点 http://www.zott-waseda.org/images/update/2点 2 前半 0
0 後半 1
ブラックショーツ得点 1点
試合会場

久慈サンピア日立

試合名称

Super Sports XEBIO 関東フットサルリーグ2017 1部 第8節

スタメン

Goleiro 1.渡邉 博之
Ala 4.荒木 淳
Fixo 5.丸山 淳
Pivo 12.石塚 鉄也
Fixo 13.田村 脩

ベンチ入りメンバー

Pivo 2.松田 啓佑
Ala 7.高瀬 剛
Ala 10.加藤 貴行
Pivo 11.遠藤 隆男
Ala 14.村山 大樹
Fixo 16.清野 潤
Ala 17.三宅 修平
Goleiro 18.杉本 亮
Ala 19.雪島 洋樹

試合の寸評

2017年8月6日(日)久慈サンピア日立にて
Super Sports XEBIO 関東フットサルリーグ2017 1部 第8節が行われました。

第3試合
14:00 ~ ゾット早稲田 2 - 1 ブラックショーツ

前節運営でお休みだったゾットはここまで5連勝中のブラックショーツとの対戦。
この日の会場となった久慈サンピア日立は空調が入っておらず、ピッチは常にスリッピーな状態。
前の2試合もその影響で試合時間が延び、予定時刻より30分押しでスタート。

ピッチ状況もありなかなかボールを繋ぐことができない両チーム。
我慢の展開が予想された開始直後、ゾットは右サイドからのキックインを得るとNo.5丸山がゴール前へボールを入れる。これがNo.12石塚と並走していたブラックショーツDFに当たりオウンゴール。
早い時間帯での先制に成功する。

これで一気に流れを掴みたいゾットだったが、連勝中のブラックショーツは個人技も高く大きく崩れない。
双方にチャンスは生まれるものの両GKの好セーブもあり得点は動かない。更に幾度となくモップが入り時間経過がいつもより遅く、一瞬の集中力の低下が失点を招きそうなジリジリとした展開。

このまま前半を終えそうな雰囲気の漂う中、得点が動いたのはやはりセットプレーだった。
18分にゾットがゴール前でFKを得るとNo.12石塚がシュート。一度はGKにはじかれるもののNo.13田村がこぼれ球を再びシュート。これにもGKが触れるものの、今度は勢いは止められずボールはゴールへ吸い込まれゾットが大きな追加点を奪った。

2点差で折り返した後半はブラックショーツが追いつこうと攻撃意識を高め、リードしたゾットが守りに入ってしまう展開に。
27分には右サイドをドリブル突破されゴールを許し1点差に迫られてしまう。これで嫌な雰囲気が漂ったものの、その後も次々にシュート放ってくるブラックショーツに対し、組織的な守備で我慢を続けたゾット。

追加点は奪えなかったものの、ベンチも含めた全員でゴールを守り続けたゾットがそのまま同点ゴールは許さず、2対1で勝利した。


■得点経過
【前半】
1分   1 - 0 オウンゴール(ゾット早稲田)
18分  2 - 0 田村 脩  (ゾット早稲田 No.13)

【後半】
27分  2 - 1 加藤 光貴 (ブラックショーツ No.17)

【その他の試合結果】

第1試合
10:00 ~ コロナFC/権田 3 - 6 カフリンガ東久留米

第2試合
12:01 ~ ファイルフォックス府中 5 - 0 トルエーラ柏

第4試合
16:12 ~ malva ibaraki fc 3 - 3 リガーレ東京

※会場運営:PSTCロンドリーナ

※公式記録については、関東リーグHPもご覧下さい。
http://www.pitin.com/kanto/


次の試合情報

2017/08/12(土) 府中市立総合体育館
Super Sports XEBIO 関東フットサルリーグ2017 1部 第9節 vs リガーレ東京