【RAIZ】SuperSportsXEBIO東京都フットサル1部リーグ2016 第9節試合結果NEWS

2016/09/18更新

昨日行われた試合結果をお伝えします。
 


SuperSports XEBIO 東京都フットサル1部リーグ2016 第9節

9/17 17:00 kickoff @郷土の森府中市立総合体育館
CAMISA vs ZOTT WASEDA RAIZ

7-3(3-0,4-3)

得点者:no.32 伊藤、no.26 小林②
 



登録メンバー

no.8 中沢、no.14 村山、no.17 中野、no.23 重村
no.26 小林、no.28 片山、no.32 伊藤、no.33 佐藤
no.40 麦倉、no.44 浅妻、no.47 藤宮、no.72 飯崎
no.91 肥沼
no.29 宮崎


今節の対戦相手は前半戦好調のCAMISA。
前節の鬱憤を晴らすため気合十分のRAIZ。


そんな両者、立ち上がりは五分五分の展開。
ともになかなか決定的な形を作れない。

結果乱戦となる口火を切ったのはCAMISA。
RAIZゴール前でボールを奪い先制点を挙げる。
非常に痛い形で先制点を献上したRAIZだが、
ベンチも含めて一丸となって逆転を狙う。

だが、そこは試合巧者のCAMISA。
ディフェンスからのカウンターに契機を見出し、前半のうちにカウンターから更に2ゴールを奪取。
3-0のビハインドで前半を折り返す。


HTで約束事を確認し、持ち直した様に見えたが、度重なるファールやカウンターから更に2ゴールを奪われ5-0。

しかし、エースの一振りが流れを変える。
相手を押し込んだ状態からno.32 伊藤が最後尾から走りこんで豪快なシュートを突き刺す。

時間もまだ充分にあり、圧力を強めるRAIZ。
決定機を作るもののフィニッシュを決めきれない。

そんな中またも自陣ゴール前でボールを奪われ失点。
反撃ムードが潰えてしまう。

その後は第2PKを一旦ストップし、残り少ないチャンスに賭けた所を更に失点してしまい7-3。

この日キャプテンマークを巻くno.26 小林が2ゴールを挙げるも時既に遅し。

7-3で完敗という結果に終わりました。

次節は10月、BANFF TOKYOとの一戦となります。
ここが正念場となりますが、引き続き熱いご声援宜しくお願い致します。