ヒストリー2012年guide/history2012

阿部、武田が加入。開幕のアルティスタ戦を勝利し関東1部再昇格以来初の開幕戦を飾り、続く浦安戦を引き分けるも3節のCAFURINGAに勝利し2勝1分と昨年とは打って変わって好スタートを切るが、その後BlackShortsとFIREFOXに連敗、柏に勝利するも7節目のFUGA戦を1-2で落とし、1周り目を3勝3敗1分の4位で折り返す。2周り目はアルティスタに勝利し反撃開始と行きたかったが続く浦安、CAFURINGAにどちらも1点差で連敗、不安定な戦いが続く。BlackShortsに勝利するもFIREFOXと柏にまたしても連敗。最終戦をFUGAと戦い0-0で引き分けるも、5勝7敗2分で勝ち点17で5位で終了。過去最低の結果となった。全日本選手権も関東大会でCAFURINGAと対戦、1-2で敗れ3年連続の全国大会出場ならず。完全に無冠の年となってしまった。清野は関東2部時代に感じた行き詰まりに似た部分、チームが1つの方向を向けていない部分をシーズンを通して感じ、それらを払拭すべく5度渡ったブラジルではなくスペインに渡ることを決意。バルセロナ近郊のマルトレイにて20日間フットサル漬けの毎日を送り、チームも新シーズンのリベンジを誓い例年になくOFFを短くしトレーニングに励むこととなる。

INFANTILでは秋に総監督として眞境名オスカーが就任。ZOTTがフットサルに没頭するキッカケを作ってくれたオスカーが10年以上の月日を経て組織に加わることとなる。また東京ドームスポーツさんの協力を得て練習場所も東村山市民スポーツセンターで定期的に行えることとなり将来のZOTTのTOPチームで活躍する選手を育成するには十分の環境が整うこととなる。

クラブヒストリー

学生サークルから始まったZOTT。10年以上続くクラブチームの歴史を紐解く