ヒストリー2010年guide/history2010

武内が加入。清野が独立しチームの運営会社として株式会社ZOTTを設立。同時にセカンドチームのJUVENIL、ジュニアカテゴリーのINFANTILをスタートさせる。

リーグ開幕のFIREFOX戦を2-2の引き分けでスタートするも、その後CORONA権田、CAFURINGABlackShorts3連勝して首位浮上、その後MALVAに引き分けるもアルティスタに勝利して42分で1周り目の最終戦はFUGAとの直接対決。開始早々2-0とするが追いつかれ2-2、後半に再度4-2と突き放すも終盤3連続失点で逆転され4-5。最後の望みをかけたパワープレー残り9秒で小笹が決めて5-5で大熱戦を終え、前半戦を43分の首位で折り返す。後半戦は前半戦と打って変わって大苦戦。FIREFOXに敗れ今期初黒星を付けると権田に引き分け、BlackShortsに勝利するも12位の対決となったCAFURINGAに敗れ順位を落とす。アルティスタには勝利するもののMALVAに引き分け625分で迎えた駒沢での最終戦の相手はFUGA。前半は圧倒されて0-3で折り返し、後半開始早々に決められ0-4となるが

残り10分を切って荒木が1点返してから完全に流れを掴み、荒木がさらに3得点、米谷が1点を決めて一気に5-4と逆転。終了間際に決められて5-5で引き分けとなるも、会場はスタンディングオーベーションで称えてくれて、あの拍手の鳴りやまなさは今まで感じたことのないレベルのもので選手全員鳥肌立ちまくりだった。最後の最後まで大混戦だったためFUGA戦で勝っていれば2位だったが引き分けたために4位まで落とす結果となってしまった。前半戦を首位で折り返しただけに悔しい結果となったが、キャプテンの荒木が関東リーグ得点王となったのはチームにとって明るいニュースだった。

この年の全日本選手権はベスト8MALVAPKで敗れ2年連続の全国大会出場はならず。前年とは打って変わって悔しい思いが強い1年となった。

クラブヒストリー

学生サークルから始まったZOTT。10年以上続くクラブチームの歴史を紐解く