ヒストリー2006年guide/history2006

ヒストリー2006年

再起をかけて臨んだ都リーグは開幕戦こそ9-1と大勝するも、2節目で引き分け、3節目に敗戦、4節目も引き分けと4試合終えて1勝1敗2分けと最悪のスタートを切る。まさに崖っぷち状態だったがここからチームが奮起。

ZOTT2006年度

残り7試合を全勝し8勝1敗2分で終え首位のカフリンガに勝ち点1届かずに準優勝となるが新設された関東2部へ昇格することとなる。4年連続でベスト8止まりだった選手権も準々決勝をついに突破。準決勝でSHARKSに敗れるも関東大会行きをかけた3位決定戦はカフリンガと対戦。前半0-3で折り返すも後半残り数分となってから入団3年目で完全にチームの核となっていた荒木がゴールし1-3とすると第2PKを中野が決め2-3。関西から駆け付けた美好が右サイドをぶち抜きセグンドまでボールを出すとそこに再び中野が滑り込んで終了間際で3-3に追いつきPKに突入。渡邊が1本止めたのに対しZOTTは5人全員が決め初の関東大会行きを決める。ちなみにこの時のPKの5人目は中野で、完全に中野がヒーローになった試合だった。

関東大会は初年度のFリーグ入りを目指す府中アスレと対戦し善戦するも敗戦。アスレは前田さん、鈴木隆二さん、完山さん、小山さん、ベッチーニョ等々すごいメンバーが揃っていて、この後全国大会の決勝でオスカー率いる初代のオーシャンズ(この時の名前は大洋薬品バンフ)で敗れるまで勝ち続けることになる。

年末に行われた御殿下スーパーカップでは2003年同様準決勝で日本代表で構成されたバウスポーツと対戦することとなったがGKの安藤が神がかり的なスーパーセーブを連発しまさかの4-0で勝利。3年越しのリベンジを果たす。当時スペインに渡っていた木暮さんや小野さんも要するチームだっただけに勝利の喜びも最高だった。

クラブヒストリー

学生サークルから始まったZOTT。10年以上続くクラブチームの歴史を紐解く