ヒストリー2005年guide/history2005

ヒストリー2005年

後にチームの中心となっていく丸山、安藤が加入。都リーグ降格後、一度はどん底まで落ちたチームも一年での関東リーグ昇格を全員で誓い気持ちを切り替えてリスタート。順調に勝ち星を重ね第8試合までは71分で来るが、9試合目でGKの渡邊の退場もありまさかの敗戦をを喫することになる。参入戦の望みをかけた第10節の首位カフリンガとの直接対決は出場停止の渡邊に代わって新人の安藤が出場することになるが安藤は直前の合宿で指を骨折した状態だった。満身創痍で臨んだが5-6で敗戦。最終戦を勝利して821分とするも勝ち点3届かずに参入戦行きを逃してしまう。選手権は都大会準々決勝でカスカベウと当たり前半2-2で折り返すも後半力の差を見せつけられ2-4で敗戦。またしてもベスト8の壁を破ることができなかった。チーム結成以来最も結果を残すことができなかった年となる。

クラブヒストリー

学生サークルから始まったZOTT。10年以上続くクラブチームの歴史を紐解く